求める人物像

  • 信頼と貢献
  • チーム医療
  • 超高齢社会の医療モデル
常務理事・法人本部長 池田 靖明

常務理事・法人本部長

池田 靖明

法人理念に込めた「地域医療 」への思い。それは、地域に信頼され、地域に貢献できる医療機関であり続けること。

人のために尽くしたい。人の役に立つ仕事に就きたい。医療の仕事に携わっている方は、その多くが高い志を持っていることと思います。誠馨会も皆さんと同様に、「地域の皆様に信頼され、地域の皆様に貢献できる医療機関でありたい 」と常に願っています。その思いを結集させたのが法人の理念である「信頼と貢献 」です。誠馨会は急性期病院から療養型病院、在宅事業にいたるまで地域医療に貢献するための体制を十分に揃えていますが、今後はこの体制をブラッシュアップさせていきながらより一層、地域への貢献を目指していきます。誠馨会で働く職員が「信頼と貢献 」に共感して入職してきたように、これから入職する皆さんとも誠馨会の理念を共有し、共に地域医療に貢献できる日が来ることを心から願ってやみません。

病院内はもちろん、病院外の人材とも協力しながら
地域医療を進めていくコミュニケーション力。

地域に貢献していくためには、より良い医療を目指し、正しい医療を提供していくことが大切です。医療は社会のインフラであり、そこで働く職員一人ひとりの人間性が医療機関の善し悪しに大きな影響を与えます。そのため、どんなにハードを整えたとしても、優秀な人材が集まらなければ、より良い医療は提供できません。医師や看護師、コメディカルが協力しながら「患者様のために」という想いをまっとうしていく姿勢が何よりも求められます。特に地域包括ケアシステムを推進していく場面では、外部の人材との協力が求められるため、誠馨会とは異なったルールに従うことも出てくるかもしれません。そのような場面でも柔軟に受け入れ、臨機応変に対応していくコミュニケーション力を持っているか否か。これもまた、誠馨会が求める人材像の一つです。

職員一人ひとりが当事者としての自覚を抱き、理想の医療を実現するパイオニアとなる。

日本は、世界に先駆けて超高齢社会に突入しました。そのため、どの地域でも超高齢社会における医療モデルのないなか、手探りで医療に取り組んでいます。大げさな表現かもしれませんが、これから誠馨会に入職する方には「新しい医療モデルを築くパイオニアとなる」という自覚を持っていただきたいと考えています。目の前の仕事にただ取り組むのではなく、「なぜこの仕事に取り組むのか」を意識するだけでも、得られる成長は大きな差が出てくるでしょう。「患者様のために何ができるか」「これからの医療に何が必要なのか」といったことを意識すること。つまり、誠馨会で働く職員一人ひとりが“医療の当事者”としての自覚をもつことでこそ、理想の医療環境を実現することができるのです。