誠馨会のキャリア

理事長 中村 孝雄

理事長

中村 孝雄

全医療機関合わせて1700床以上。
高度急性期医療から在宅支援まで担う一大医療法人。

4つの急性期病院と長期療養型病院、介護老人保健施設や看護師養成校など複数の施設を運営する誠馨会は、千葉県北西部の地域医療を担う一大医療法人です。病床数は全医療施設合わせて1700以上、千葉県内で最大規模を誇っています。皆さんもご存知の通り、日本の医療政策は自治体を中心とした“地域包括ケアシステム”に移行しつつあります。私たち誠馨会もこの動きに合わせて、これまで以上に積極的に地域医療に参加していく方針です。特に千葉県は、全国的に見ても医師や看護師が不足しているエリア。今後、千葉県では都市部を中心に高齢化が急速に進むと考えられており、高度急性期医療から慢性期、在宅支援まで総合的な医療サービスを提供できる誠馨会が地域に担う役割は、これまで以上に重要になっていくと考えております。

診療部門の再編成を行い、グループ病院の各機能を強化。
付属診療所の立ち上げなど、在宅事業の充実化も進める。

では、私たち誠馨会が地域医療に貢献するため、具体的にどのような取り組みを進めているのか。その一つが病院機能の再編成です。たとえば新東京病院は心臓血管系の領域で全国トップレベルの技術と症例を誇っており、千葉中央メディカルセンターにおいても数々の実績を重ねております。この実績を生かして、千葉中央メディカルセンターの心臓血管チームを最新設備を整えた千葉メディカルセンターに移籍。グループ内の全病院で同レベルの医療を提供できる体制を整えました。また、その臨床部門を縁の下で支えている病理診断の分野においても、誠馨会は早い段階から体制強化を進めて参りました。誠馨会病理センターを拠点に、誠馨会の全急性期病院で病理診断を実施。病理遠隔診断ができる独自のシステムを構築しており、今ではグループ外医療機関からの依頼にも応じています。もちろん、在宅事業の充実化もはかっており、すでに開設している訪問看護ステーション以外にも、在宅診療を担う付属診療所の立ち上げを検討しております。

急性期医療に携わるか。在宅のスキルを高めるか。
あらゆるキャリアを叶えられる環境が、誠馨会最大の魅力。

このように、誠馨会はこれからの地域医療に必要な医療を提供すべく、組織の強化を徹底的に進めて参りました。これを“キャリア”という視点で捉えると、「あらゆるキャリアを実現できる環境が整っている」と自信を持ってお伝えすることができます。急性期医療の分野で経験を積んでから在宅医療に携わることもできますし、総合診療のスキルを身につけて高齢者医療に携わることも可能です。職員のキャリアを支援すべく、教育・研修面の体制強化も進めています。医療を取り巻く環境の変化により、今後は地域との連携がさらに高まっていくことでしょう。そのため、誠馨会でどのようなキャリアを築いていくにしても、さまざまな職種との連携が求められていきます。チーム医療の一員としての自覚を抱き、「私たちが千葉県の地域医療を担っていく」という気概を持った方にこそ、誠馨会の門を叩いていただけたらと願っております。

セコメディック病院 事務部長 佐藤 秀樹

セコメディック病院事務長 佐藤 秀樹

セコメディック病院は地域に根ざした医療機関として、3つの満足を追求しています。「職員の満足」「患者様の満足」「社会満足」――ホスピタリティに満ちた職員を養成して職員一人ひとりの満足度を高めることで患者様の満足や社会満足を実現できるとの考えから、さまざまなキャリア支援制度を用意しています。たとえば看護師のキャリアに関しては、奨学金を貸与して認定看護師の取得を支援。セコム医療グループ合同の研修会や海外研修に参加することも可能です。また、育児中の職員も安心して働けるよう、24時間365日稼働可能な保育所を併設。長期休み中は、小学生までのお子さんをもつ職員を対象に、学童保育も受け入れています。加えて、今年度は新たに病児保育の提供も計画しております。今後も働く環境とキャリア支援の充実化を進めていく方針です。